PKSHA Vertical Vision

学習する画像識別エンジンで御社のビジネスを新しく

About PKSHA Vertical Vision (VV)

業界やユースケース特化型の深層学習技術を
用いた画像識別エンジンです

Quality

Quantity

各種ITジャイアントが提供する
汎用的な画像解析エンジンとは異なり、
業種 / ユースケース特化型(Vertical型)で
構築する事で高い識別精度を実現します

各業種 / ユースケースの
最大級の教師データを持つプレイヤーと連携し、
各業種 / ユースケースに対して
新たな価値を提供します

VV for HUMAN / FACE

映像中に現れる人物の認識から、移動経路・体の姿勢・行動・属性まで、人に関する幅広い解析が可能です。これにより、映像中の人物のカウント、導線の解析、特定行動の検知など、様々なニーズに対応できます。

また、人物の顔の領域や向き、表情など、顔の詳細な特徴を捉え、定量化することで、人の表情・感情を精緻に認識することができるほか、外見的特徴も含めた高い精度での人物の同一性判定が可能です。

VV for SCENE

映像中の物体の認識・追跡により、シーンにおける物体位置変化、空き領域の認識、統計量の計算などができます。例えば、車の認識による、路面上や駐車場の空きスペースの検知や、物体の動きの追跡、交通量や駐車時間の分析などが可能です。

VV for PRODUCT

画像もしくは動画に表示される製品を高精度に識別します。これにより、Eコマースにおける商品画像検索や、従来人手で行われてきた照合作業の自動化・半自動化を実現します。

VV for HEALTH

100万枚を超える正解ラベル付きレントゲン画像データを用いて構築した学習済モデルにより、レントゲン画像の症例を確率的に判定します。 各症例ごとに出力される確率ベクトルを参照することで、診断サポートやダブルチェックに寄与し、診断の高速化や見逃しリスクの低下を図ります。

CONTACT

お問い合わせはまで